アピスト通信 アルパフアヨ

 2013-07-29
アピストグラマ アルパフアヨ

要するにペルー産のユルエンシスのことです。

これまでユルエンシスユルエンシスと呼んでいた魚がある日突然
アルパフアヨだよって言われてもピンと来ないものです。

ユルエン アルパ 010
この姿をもうしばらくユルエンシスで親しんだわけですので
アルパフアヨと言われましても心はもうユルエンシスでしっくりくるんですね。
言葉のもつイメージってすごいです。


新しくアピストをはじめられてるお客様も当店では多いですので
ほんの少しだけ記載しておきますと

ブラジルのジュルア川に産したカカトォイデスに似たビッグマウス系のアピストがジュルエンシスと
学術記載(ユルエンシスと日本では呼ばれることが多い)され、
同じようなアピストグラマがペルーからも採集されています。

どちらも良く似ていますがアゴ下のメラニンの黒模様など
個体差とは言えないグループとしての違いも確認されていましたが
どちらもこれまで産地違いのユルエンシスとして扱われていました。
しかし比較的近年、ペルー産のユルエンシスはアピストグラマ アルパフアヨとして
ブラジルジュルア川産のユルエンシスとは別種として学術記載の流れとなりました。

として
リスト上などでアルパフアヨと書いても
その名が少し世間様で通っていませんのでわかりにくい面もあります。
当店では基本的にペルーのユルエンシスとして
表記しておきます。
ビギナーの方、ふーん、そうなんだというくらいに知っておいてもらえばいいかと思います。
飼育してみるならきっちり知っておくのも良いかと思います。


オリノコのspブライトビンデンなんかもメガプテラより
ブライトビンデンの方がしっくりくるんですよねw

さて文面的なことはこの辺にしておいて
いいユルエンシスがペルーからきておりました。
少々トリートメントをいたしまして
リリース。

中でも良い個体をピックアップ、このクラスは1個体のみ。

ユルエン アルパ 004
ユルエン アルパ 006
青く、そして黄色い。
背ビレはそしてしっかりオレンジときた。
これでそこそこ若いですから、まずいw

ユルエン アルパ 003
ユルエン アルパ 001

とても良いです。
派手、ど派手。

上物個体
ワイルドペルー
AP ユルエンシス (アルパフアヨ)
pr ¥6800- SOLD OUT

並個体 pr ¥4980-

ユルエン アルパ 012
ユルエン アルパ 002
これぞアルパフアヨ!!!!!!!!


・・・・・・。
やはりユルエンシス!!!!のほうがしっくりきますねwwwwwwwwwww
ヒレの伸びからお分かりの若い個体。
そーいえば前の記事のロートとプッツェールと同じように
カカトとユルエンシスはよく似ていますが
ラテラルバンドが尾まで切れないか
尾筒で途切れてスポットが尾筒に出るか、などでも判断は容易です。
お手持ちの写真やネットサーフィンで探してみてくださいw



明日は担当が店舗を離れますのでアピストに関するお問い合わせへの返信は
水曜日以降となりそうです。
メールはいれておいてください。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

アピスト担当 内藤

Author:アピスト担当 内藤
通信販売も行っております。
ご質問・ご注文はエキゾチックアフリカ八尾店トップページ【お問い合わせメール】や電話でお願い致します。 

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ