アピスト通信 カカトオイデス ブラジル マナカプル

 2013-03-22
かたやペルーからは安価なカカトオイデスが輸入され
一方ブラジル産のカカトオイデスはカレイロ産を筆頭に
ペルー産の何倍もの値段にて販売される現状は
なにもカカトに限った話しではないにせよ
知らない人からすれば、その値段の差にびっくりしてしまうかもしれない。

当店にも安価なカカトオイデスは1匹¥980-
そして本日紹介のカカトオイデス ブラジル マナカプル産は pr ¥13800-

単純にペルーとブラジルの物価の違い、
輸入経路と採集に日本人が携わっているのか否か、
またブラジルでのカカト分布域での生息数による採集量など
いろんな理由でこの価格となるわけですが

ただ同じ魚がブラジル産だと高くなる、と誤解してはいけないところ。
そもそもブラジルのカカトとペルーのカカト、
両者には大きな特徴差があり、
一概に「あの安価なカカトオイデス」が高い、と
そんな風に捉えてしまう前に一度その価格差を踏まえたうえで
両者をじっくり飼育して魚を楽しむということがアクアリウムを
趣味として支えている要素の小さな一角になる。
アピストの世界ならなおさらのこと。

あえてここでペルー産、ブラジル産の特徴差などには
大きく触れずに写真にてブラジル産カカトの雰囲気のみを伝えてみようと試みます。
大きく分かれた両産地の個体差についての詳細は飼育を通じて
見つけていくのがもちろんそのアクアリスト自身の確かな経験値と知識として
蓄積していく。
ブログをはじめネットや本のみに書かれていることをただ覚えて知っている気になる、
これは実際に飼育してみた経験値と大きな差になる。
飼育を通じて本やネットで実物を目の前にして
外出の知識と実物を照合し、そして自らの知識としていく、
こうしている間にいろんなアピストグラマを見るその目が
どんどん多角的にアピストグラマを捉えていける目になる。

大事なことは
まず飼育ありきで知識をつけていくこと
それに沿って本やネットの情報を集めていけば
自然とそれが飼育者の中にストンとすんなり入ってきます。

まぁ堅苦しい話は飛ばしてもらって
ここに散らばった魚の写真に惹かれるのなら
ぜひ飼育してみて欲しいということです。
カカトオイデスという名前にあるイメージが邪魔してたりしてると
もったいない個体もいてます。

カカト マナカプル 002
しっかりとした肉付きから健康なバイタリティと迫力をかんじる、
これはカカトオイデスならなおさら、筋肉質という言葉が浮かんでくる。

カカト マナカプル 009
一度店内でペア化産卵してます。
メスとの相性もなかなかよさそう。
カカトと聞くと気が荒くやっかいものというイメージが強い方も多いかと思いますが
この個体はなんだかんだ今のところは協調性もあり
あまり他魚へ攻撃をしていません。・・・ホッ

カカト マナカプル 019
カカト マナカプル 020
通常時から興奮時への尾びれの色彩の変化。
透明なガラスに褐色の鈍い赤インクを落としたような、
そんな色が尾のブルーの隙間を一瞬で縫う。
初心者のお客様からたまに質問を受けます。
「図鑑に載ってるアピストの尾びれや背ビレにはいる赤がうちの子にはありません。」
そう、この色は興奮時にいっきに変貌する褐色です。
ただ飼育を始めて産卵させるところまでもっていければ
そしてよく観察していればこんな色彩の変化を見つけることができるはずです。
そして初めて本の写真を理解する。
よくみればそのほとんどが興奮してエラを広げ各ヒレをめいっぱい広げているではないか!
なるほど、この赤い色彩はそういうことなのか・・・

カカト マナカプル 018
カカト マナカプル 007
エラの中は人間とかわらずやわらかい組織、つまり内臓で構成されている。
生きているのだ。
鮮烈になまなましい赤い内臓のエラはその個体が生きていると
怒りの表情と一緒にまざまざと見せ付けてくる。

カカト マナカプル 004

バイタリティと迫力、
小型魚に分類されるアピストですが
じゅうぶんな迫力を見せてくれる種、カカトオイデス。
主にペルーからの入荷量が多い中
今回の紹介はブラジル、マナカプル採集個体。

カカト マナカプル 003
AP カカトオイデス マナカプル
ML pr ¥13800- 割引対象外


あ、ユルエンシスも同系統でペルー便にて入荷してます。
少数ですがいいのいてます、こちらもオススメ!


ロートカイルが新たなロットでマナウス一般便より入荷。
状態はまぁまぁですので少し様子みてリリースいたします。
pr ¥12800-程度のあたりで考えてますので
特価です!
リリースまでお待ちを!!

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

アピスト担当 内藤

Author:アピスト担当 内藤
通信販売も行っております。
ご質問・ご注文はエキゾチックアフリカ八尾店トップページ【お問い合わせメール】や電話でお願い致します。 

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ