アピスト通信 アガシジィ ネグロ ノボアイロン

 2012-03-31
ミウアの入荷と一緒にネグロからやってきたのは
なんとアガシジィでした。
入荷情報でも紹介したネグロ産アガシジィ。
これは非常に珍しく
かつて、ネグロにはゲフィラが分布し
アガシジィはいないとされていました。
が、過去数回ほどネグロアガシジィの入荷履歴があります。
しかし片手で数えるほどの回数。

そしてそれがミウアと一緒に入荷となると
やはり今期のネグロはメンデジィとともに
いいシーズンになったと思います。

ノーバオリンダ 038
入荷ロットの中で一際その美しさが目立つ個体。
残念ながらロットすべてがSクラスなんてあるわけないのですが
このノボアイロン産のアガシジィはSクラスが非常に少なく思いました。
もちろんアピストですがら飼育環境により個体のポテンシャルを引き出せば
どの個体も化ける可能性はありますが
この個体は群を抜いて美しかった。
ノーバオリンダ 039
入荷情報でもお伝えしたとおり
やはり顔が丸い印象でこの個体以外でも
さらに顔の丸い個体が目立っていました。


ノーバオリンダ 041
入荷数日でその美しさは引き締まってきましたが
完成まではもう少し。
各ヒレがもう少し伸びてくれば!!
さてどこまで仕上げていけるかは飼育者のみの楽しみです。
ノーバオリンダ 042
ノーバオリンダ 043
それにしてもミステリアスな濃い発色。
アマゾン産とは雰囲気のことなった個体が入荷し
これがネグロから来ているということは
心をくすぐってやみません。
黒い水の中、枯葉の下で顔を出し
たまに太陽をあび青光りしていたのでしょうか。

ゲフィラとのネグロでの住み分け分布についても
興味深いところですね。


やはりネグロ産であることが決めてなのかはわかりませんが
このノボアイロン産は売り切れておりますので
在庫はございません。
ご了承ください。

上記紹介個体とともに
ノボアイロン産アガシジィの若魚も入荷しておりました。
こちらです。
ノーバオリンダ 049
この個体をセレクトしてきた理由は上記の成魚を見て比べてもらえば
わかると思いますが
このボディのブルーの鱗ですね!
同じ輝きを表現してくれる成魚になるであろう若魚のSクラスです。
さらに背びれもイエローがのり注目すべきは尾びれです。
ノーバオリンダ 046
上記の成魚個体とは尾びれの模様の表現も色彩も異なったものとなってます。
このような個体を見つけ育成していくのが
非常におもしろいんですよね。
このような個体は見つけたら逃してはいけませんwwwww
と書きましたがこちらもすでに売れてしまったのですが
写真が撮れていたので紹介させてもらいますw
ノーバオリンダ 053
いいですね、若魚のSクラスほど
飼育に力が入りますよねww


以上、
ネグロ ノボアイロン産アガシジィの紹介でした。

売り切れ後ですいませんw
ノーバオリンダ 040
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

アピスト担当 内藤

Author:アピスト担当 内藤
通信販売も行っております。
ご質問・ご注文はエキゾチックアフリカ八尾店トップページ【お問い合わせメール】や電話でお願い致します。 

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ