アピスト通信 ブライトビンデン リオウアウペス

 2017-11-16
DSC_0089.jpg
DSC_0096.jpg
Aqua Fauna
AP sp ブライトビンデン リオウアウペス
1prのみ 上物 ¥35000- 割引対象外

非常に楽しみなブライトビンデンの幼魚がエリザベサエの混じりでやってきました。
ほほのブチ柄はやや大きめでラインを引くように入っています。
特徴的な個体になりそうです。


さて
こちら Aqua Fauna便として入荷しておりますエリザベサエのロットの混じり個体から
奇跡的にペアがとれたものなのですが
今回の便はFaunaの自社採集便ではありませんのでウアウペスの河川エリアであるということしか
ロカリティはわかっておりません。

これ、要するにどういうことなの?というお話。

Aqua Fauna社には現地漁師さんの幾人かと直接のパイプラインがあり、
Faunaの採集計画で漁師が採集ポイントへ向かう場合に、
自社採集という形で正確なロカリティが付随してきます。
Fauna社はいわゆる近年の名産地ヤワウィーラやバニワなどネグロの上流域、ウアウペスとの合流地点あたりを
得意としており、これはFauna社の採集計画によりアピスト漁に向かった場合に主に採集する地域となっています。
逆にウアウペスの内部へ入ることはなかなか一筋縄ではいかず、
いわゆるリアル トゥッカーノ、モンテクリスト、サンジョアキンなどの
ウアウペス河口流域エリアは近年入荷が少ないですね。

さて今回のウアウペスのエリザベサエ、ブライトビンデンはどのようにしてウアウペス流域からやってきているのでしょうか。

このウアウペスに入るエリア一帯には現地インディオのトゥッカーノ族がテリトリーを展開しており、
彼らがウアウペス河川流域で採集した魚をネグロを下り、マナウスに売りに来るのですね。
このマナウスへ売りに来た現地インディオからFauna社が購入した魚が今回やってきています。
よって、現地インディオの漁師が採集してきた魚を購入している流れから、
彼らのテリトリーであるウアウペスで採れた魚であるとして、
ウアウペスのロカリティが付いてやってきたのです。
これはマナウス一般便でやってくるエリザベサエも同じルーツをたどってやってくることがほとんどですので
いわゆるウアウペスのエリザベサエで流通している個体群は
現地インディオの採集であろうということが予測されるわけですね!

価格帯としてはFaunaを通す分少し値上がりしますが状態のいい輸入状況がキープされている便となります。
マナウス便からくる場合、現地でのストック状況や輸入方法によって
魚のコンディションにかなり波がありますので
この点はやや安価になる分、トリートメント等の必要性が高くなります。

だいたい年に1~2回ほどマナウスのエリザベサエを大量輸入することが当店は多いですので
トリートメントも店でまとめて行いますからインディオ採集の便はあまりFaunaでとらないことが多いのですが
輸入第二便分に
今回は見逃せないブライトビンデンが混じっていたということで
これを確保するついでにエリザベサも少々、といった感じ。

実はウアウペスのブライトビンデンは上記理由により
Fauna社の便ではやってきにくいんですね。
通常、ウアウペスに入らないヤワウィーラなどからのビンデンがメインになるので
ウアウペス流域のビンデンは久しぶりです!!w
また、1prのみでしたので貴重なペアとなりそうです。
偶然、ポテンシャルも画像の通り非常に高いですのでオススメですね。
スポンサーサイト

アピスト通信 アガシジィ テフェムトン ブルー

 2017-10-25
DSC_9978.jpg
DSC_9979.jpg
今季入荷のFauna便
テフェムトン産 アガシジィ ブルーです。
イエロータイプは現状売り切れ、今のオススメはこの子。

やはりアガシジィはブルーもいいなと思わせる個体です。

近年はムトンを中心に毎年テフェが入ってきていますので
安定した産地となりましたね!
ざっくり言ってテフェ湖の南端の奥地、ここがムトンですね。
テフェの街からはかなり南に距離があります。

まぁノゲイラなんかはまた特徴的な成長をした個体が多かったですが
どの個体もテフェエリアからきているとしっかりテフェの固有表現をもっているので
はやり人気な理由にうなずけます。
わかりやすいのもまたいいところかな!
テフェだね!ってやつ。

例えばエリザベサエなんかは個体群からみられる産地差もややあるのですが
1個体から産地の特定ができるわけではないですよね。
しかしテフェのアガシジィはもうTHEテフェ!といった特徴持ち。

イエロータイプの派手さはいうまでもなく
ブルータイプがことさら綺麗なのもテフェバンドのくっきりとした出現によるところ。

アガシジィの圧倒的人気産地のテフェブルーの良個体、1prとれます。

DSC_9982.jpg
DSC_9981.jpg

Aqua Fauna
AP アガシジィ テフェ ムトン ブルー
pr ¥12800- 割引対象外
このレベルは1prのみです。

アピスト通信 cfプルクラ リオアリプアナ

 2017-10-11
アリプアナのプルクラといえば
かつてニューチンガルノとして紹介されてやってきた
青いプルクラが通例で
例にもれず今年はそのアリプアナのプルクラが入荷してきたのですが
同河川別ロットでかわったプルクラがやってきました。
初入荷となるバリエーションです。

現状まだ小さく、その特徴がよくは掴めませんが
ややウィルヘルミーよりの派手な発色を見せるかもしれません。

DSC_9957.jpg
DSC_9958.jpg
DSC_9959.jpg
DSC_9960.jpg
DSC_9963.jpg
なんといいますがまだ淡い感じなのですが
べったりイエローという感じではなく
じっとりと金色っぽい印象です。
尾がイエローっぽいのもまた珍しいというか
この辺りはウィルヘルミーともまた違った印象で・・・
プルクラとウィルのハイブリッドと言われてもやや違和感があるので
なんと説明してよいやら。
よって
成長過程が気になりますが入荷数が極わずかで追加もなさそうですので
売れていってしまうかもしれんということで早めに
ブログにのっけてしまっておきます。
アリプアナのアガシジィも一緒に来ていますがこれまた異質でした。。。
うむむむ、アリプアナという河川なかなか面白いな!といった印象です。

もし在庫が長引き立派になる姿をシャッターで切れましたら
また載せてみたいとは思っていますw

Aqua Fauna
NEW AP cf プルクラ リオアリプアナ
pr ¥36000- 割引対象外

アピスト通信 ギガス クランデリィ

 2017-09-28
DSC_9939.jpg
DSC_9937.jpg
DSC_9935.jpg
入荷時の白点はすっかりとよくなりました。

DSC_9918.jpg
メス。

DSC_9925.jpg
ブラジル便
AP クランデリィ ギガス
pr ¥99800- 割引対象外

アピスト通信 アガシジィ マニコレ ブルーファントム

 2017-09-26
アガシジィのマディラ水系産はやや発色のかわった個体が多いですが
そのうちの代表といってもいいのがマニコレ産のブルーファントムと呼ばれるやつらではないでしょうか。
特にアガシジィの特徴の尾びれのホワイトラインがここマニコレの個体群はあまり見られず
オレンジ、または淡い肌色のような色彩を尾びれに持ちます。
とくにマニコレに限らずですがマディラからはレッドテールのアガシジィなども過去に入荷があります。
ということでマディラからくるアガシジィはいつも楽しみなのですが
ブルーファントム、マニコレ産はテフェ同様、いつ来てもしっかり同じ表現でやってきますので
しっかりした地域種だなという印象です。

DSC_9903.jpg
通常大多数のアガシジィで見られる尾びれのホワイトラインがオレンジですね!

ここで採れるやつ、だいたいこうですね。
濃い薄いはありますが全体的に他産地と違う特徴がつかみやすいです!

DSC_9902.jpg
DSC_9907.jpg
DSC_9909.jpg
特に今回当たりですね。いつもより派手めで綺麗。
特に大きいサイズでやってくることの多い産地ですが
今回はいいくらいのSMサイズ。

DSC_9901.jpg
DSC_9915.jpg
腹までべったりイエローの個体おりますがこれは
あまりいないグレードでオススメ。

シーズンはだいたいマディラからはじまりますが
トリファのグァポレもこのマディラのかなり南西の奥の上流域ですね。
パンタナルとはやや離れている川であまり入荷のないタイプですので
マディラのアピストと同時に意識してみるといいかもしれないですね!
プルクラ系統もチンガルノとプルクラ アリプアナはマディラ水系となります。

特にシーズン序盤しか入らない河川ですので冬頃にはマディラのアピストは
いなくなります。売れ残らなければ笑ww

DSC_9911.jpg
AP アガシジィ マニコレ ブルーファントム
上物pr ¥9800- 割引対象外

オススメです☆
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

アピスト担当 内藤

Author:アピスト担当 内藤
通信販売も行っております。
ご質問・ご注文はエキゾチックアフリカ八尾店トップページ【お問い合わせメール】や電話でお願い致します。 

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ