アピスト通信 アガシジィ テフェムトンジーニョ

 2017-05-13
5年ほどまえから入荷のなかった年を挟むこともあれど
テフェ産アガシジィの産地バリエーションの代表ともいえるポジションにあるムトンジーニョ。

テフェ湖というアマゾン本流から隔離された大きな湖で独自の表現にいたったアガシジィは
そのエリアでさらに地域差まで楽しめる人気の種ですが
中でもムトンジーニョの濃いテフェの表現はより印象強い産地ですね。

ビタエニはテフェバウアナが人気、
アガシジィはムトンジーニョが人気。
ロットによる差も毎年あるのですが基本的には高いレベルのアベレージをキープしている印象です。
今季もムトンは良かった。

チビサイズで売れていきますのであまり派手なイエローは撮影の機会が少ないのですが
ちょこっとかかえていた在庫のラスト個体が
いいブルーだったのでカメラを向けてみました。

2017-05-01.jpg
2017-05-01 173736
ボディのブルー発色は濃く、背びれのレッドエッジが引き立ちます。
細身なのもいいですね。
まとめて入荷した中からのラスト1prとなりました。
ラストのprということでやはり大きめのメスから取られますから
雌雄差はやや開きますが
2匹で一緒の水槽でなかよくやっていますので
店頭での購入の場合は一緒の袋に入れて仲良く持ち帰るのがいいかと思います。
通販は別袋パッキングでの発送になってしまいますが・・・

きっちりテフェ!
これを楽しんで、その子供もきっちりテフェ!であることろまでどうぞ!
オススメです。
スポンサーサイト

アピスト通信 ロートカイル リオジュファリ

 2017-05-09
2017-05-01 173617
リオジュァリのロートカイル。
今期はこのタイプの顔と尾の赤い派手な個体が
少なかったように思いますがなんとかジュファリ産からでてきてくれました。
ほほ柄はヤワウィーラあたりに多かったのですが赤く染まるタイプ個体はあまり出てこず。
2017-05-01 173622
まだ幼魚サイズですがメキメキ色が出始めてきました。
メスも若くいい感じ。
新ロットなどはもう期待できない時期になってしまいましたので
現状在庫のいいところが今シーズンの最後のねらい目でしょうか。

さて、このジュファリはデミニのとなりを流れてデミニに合流、
バルセロス近くのアマゾン本流に北からそそぐわりと大きな河川で
特にデミニはパウキやゲフィラ、カンディティなんかの産地で聞いたことがある方も多いはず。
このあたりのロートはいわゆるバルセロスタイプなどと呼ばれ、
あまり赤の発色が出てこないロットがおおいはずでしたが
ジュファリとして入荷したロートはここ数回かなり色彩豊かに
発色することで注目しておりましたが今回もやはり、といった感じ。
それこそヤワウィーラなどの上流産に引けをとらない発色です。

個人的にここのロートカイルはいつも無色でくるのですが
その後が楽しみな仕入れをしていて楽しい産地なのでもありますw
ということで一押ししておきます!
上流ロートとほぼ同様の飼育で問題ないですが
PHは5~5.5あたりで十分でそれ以上下げすぎるとたまにヒレが溶け出す場合もありますので
ある程度はしっかりチェックすることがオススメです!

アピスト通信 spミウア リオミウア 

 2017-04-25
追加便のチビの中から・・・
これだからチビはどうなるかわからない・・・

20170420_201752.jpg
20170420_200150.jpg
20170420_200215.jpg
これはまずい。
腹まで色がではじめてきました。
ホホも見て取れる朱色と尾はアンダーバー。
ほんとうにこれはまずい・・・。


20170420_200135.jpg
Aqua Fauna
AP sp ミウア リオミウア
オレンジベリー
pr ¥59800- 割引対象外
こんなオチビはこの1個体のみ。

リオミウアより、本家産地です。
多くを語る必要はないですね、この種は!!!

アピスト通信 ロートカイル ネグロ上流域

 2017-04-18
2017-04-17 17
2017-04-17 15
2017-04-17 16
偶然問屋にいたオスがすばらしかったので
連れて帰ってきたネグロ上流域ロートカイルです。
いいオスが1匹でしたのでちょこっとメスを2匹セレクトして
トリオで販売できるようにしました。断然ペアより有利な雌2匹トリオです。
ただ仕上がりかけているのでいつものサイズよりは大きめとなります。
当店の常連様はサイズ感はお気を付けください、チビではございません。
もう一歩で完成といったサイズですので!
ただ育て方によってはかなり大きくなる種でもありますので
まだ育ちますよ。


なかなか発色とポテンシャルがしっかり表現されてきた個体で
完成個体が即欲しい方向けといった印象ですが
子取りは即戦力です。

2017-04-17 18
雌雄バランスもきっちりいい感じでメスを抜いてきていますので
その点は問題ないかと!

マナウス便
AP sp ロートカイル ネグロ上流域
雌2匹トリオ ¥19800- 割引済

シーズンも終了となりましたので
ここらで今シーズンものの上物はそろそろ終わりかと思われますので
お見逃しなく!

アピスト通信 エリザベサエ ネグロレッド 2017

 2017-03-17
2017-03-16 09
ブラジル マナウス便からやってきた
エリザベサエの採集ロットですが
やはり春前になるとややサイズアップしている感じで
これはだいたい毎年同じなのですが
今期はあまり小さいエリザベサエがマナウスからやってきた印象がなく
シーズン前半も大きめだったためスルーしていたのですが・・・
まぁちいさめはヤワウィーラのFaunaから来たのでそれで良しとして。

なんにせよ、このエリザベサエ、非常に赤が濃いです。
2017-03-12 30
2017-03-12 16
久しぶりにここまで赤い個体を見たな、という印象です。

ウィルヘルムブリードなどはそこそこのサイズでかなり赤い個体がやってきますが
欠点としてやや青光りが弱いんですよね。
ワイルド個体は腹が赤くてもラテラル含めボディにギラリと光るグリーンが
鱗にそって並ぶのですが
これが改良レッドのエリザベサエは弱いので
個人的にはレッドの強さより本来の鱗の光り方が好きなのです。

今回のロットはウィルヘルムブリードに負けず劣らずの赤さの個体も多く
しっかり光ってきますので、良し◎
ただウアウペスのリアルトゥッカーノやモンテのような「あのウアウペスの雰囲気」はないです笑w
どっちがお好みかはそれぞれでしょう!

いわゆるこの極赤ロットというのはサンガブ近郊に多く
マナウス便で年によりますがやってくることがあります。
発色重視の方はどうぞ!
むしろお店に選びに来てください。

マナウス便
AP エリザベサエ ネグロレッド
腹赤 ¥19800- 割引対象外

圧倒的にオスが多く
オスのみの販売もしております。
ご希望あればメールにてどうぞ!
メスのみは現状取れそうにありません。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

アピスト担当 内藤

Author:アピスト担当 内藤
通信販売も行っております。
ご質問・ご注文はエキゾチックアフリカ八尾店トップページ【お問い合わせメール】や電話でお願い致します。 

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ