新年初入荷!

 2016-01-08
新年、やはり忙しくあわただしく
あっという間にすぎていってしまいました。
非常に早くもう1週間すぎたのですねw


あらためまして
あけましておめでどうございます。
どうぞ、今年もよろしくお願いします。
正月特価として一部在庫から特価にて販売していた個体たちは
すべて売り切れとなりました。
ご利用ありがとうございます。
特にエリザベサエなどは特価で腹赤を入手できたはず!
となかなかコストパフォーマンスがいいはずの特価魚たちでした。
店頭のウィンターセールも週末の3連休で終了となり
以降しばらくセール等のイベントはないですので
営業も落ち着くとは思いますので
じっくりシーズンの入荷に向かい合っていけるかなと思っておりますが
現状でもややスローペースな入荷となっている今シーズンですが
新年一発目、やってきました。

Aqua Faunaネタです。
AP ビタエニアータ テフェバウアナ 残1pr
pr ¥19800- 割引対象外
かれこれ4年ぶりくらいになるのでしょうか、テフェのバウアナからやっとやってきました。
過去良魚が多く、アガシジィのみではなくビタエニもテフェ産が人気があるのですが
残念なことに採集量が圧倒的に少なく、極わずかの入荷となっております。
いつものごとく若魚で入手しておりますので早い者勝ち!
このバウアナのビタエニ待っていたかた、おられるはず!

一緒に
テフェ メネルアのビタエニもやってきました。
AP ビタエニアータ テフェメネルア 残1pr
pr ¥15800- 割引対象外
テフェ産のビタエニ、近年入荷が止まっていたのですが
今年2産地、わずかですが準備できました。
お好みでどうぞ!
マナウス近郊産とはちがった湖産個体群(といってもイガラッペ)です。


AP ペルテンシス テフェ バウアナ
pr ¥9800- 割引対象外 SOLD OUT
テフエのペルテンシス、非常に珍しく近年見ていませんでしたが・・・
いい!
アレンカーやサンタレンやアマゾン支流の個体群とは違い
非常にペルテンシスらしいシルエットでやってきています。
思えばネグロの質の高いペルテンシスもどうもうまく入手しずらいシーズンが続いていましたので
ペルテン好きな方は狙い目。産地もテフェときている。


AP レガニ テフェ メネルア
pr ¥9800- 割引対象外 SOLD OUT
そして一緒にメネルアのレガニです。
しっかりしていてレガニグループとしての特徴がしっかりでていますので
味があります。
少し飼育してみないとその発色など行き先不透明なところもありますので
しばし在庫後売れ残りがおりましたら改めてレポートいたします。


さて
新年お客様から新年の挨拶とともにお写真をいただけました。
リオブランコ産 パウキスクアミスのF1の育成後の個体のようです。
!cid_CB427990-FA60-4310-8056-98469F8E4773.jpg
!cid_08C2A3F2-5A5D-4D27-A9BD-7D6CAB8B2BD0.jpg
なんとブルー系の雄親から出てきたと言うイエローの子です。
こういったことがあるから生き物を飼育繁殖するのはおもしろいと思うのですが
それにしても!
リオブランコ産ということですがまた今季もあらたにパウキスのチャレンジを!というご希望を
お伺いしております。
良個体が入荷してきますように・・・・
そしてどうぞ今年もよろしくお願いします。


店頭セール最終日の月曜日は祝日ですが
担当は店舗に出勤しておりませんのでご注意ください。
スポンサーサイト

お客様から spブライトビンデン バニワ

 2014-12-07
1417953022093.jpg
1417953006905.jpg
1417953030451.jpg
成長過程をまるっとお写真いただきましたw
ご存知昨シーズンのspブライトビンデン バニワ。
入荷イチ抜き個体。
すばらしいことに背びれと尾びれの柄がしっかりリンクしていること、
体型の維持もイイネ!
多くを語らずともその迫力はじゅうぶんに伝わってくる・・・
おそらく背びれの後端や尾びれの伸張は写真より実物の方が
優雅で目をひくのでしょう!
実物を目にできないのが悔しいです~~~~~www
あまり色のないアピストでありながらこうして人気を集める種というのは
けっこう少ないんですよね。
さてさて今季はこのお魚見ることができるのでしょうか。
できれば会いたい、少しでも!
ネグロはどうも水が多いようです。
昨年同様と、きていますwwwあぁ


================================

明日は担当が店舗におりません。
アピストは担当が直接2割引セールをいたしますので
火曜日以降がお得です。
直接内藤まで声をかけてください。
通販のご注文はどうぞいつでも大丈夫です。
お返事は火曜日にまとめていたします。
明日の月曜日だしのお荷物は即日はおうけできませんのでご了承ください。
下記ショッピングサイトからも
通販アピストはアドケタ以外すべて20%引きです。
アピストショッピングサイト在庫

お客様から ヴィエジタⅠ

 2014-06-10
お渡ししたオチビは
リリースできた最小個体でしたが
早速産卵したとの報告をうけました。
お写真もいただいております。
V1 T様3
V1 T様2
V1 T様

やはり若いですので卵はすくなめ、
それでもいいスタートです。
ネグロものの産卵を数回経験している上でのヴィエジタでしたので
産卵までは順調のようで!
気性の荒さを感じるまでもなく産卵にいたったのか
平和そうで安心しております。

ヴィエジタ、店ではかなり気が荒く感じますのでそれなりに手をやいていたので
入手された方のその後の様子が気になっていたりもします。
ぜひどんどんご報告ください。
お写真あるとなお楽しい(僕がw)

やっぱり店を出て行った個体のその後の様子など
お知らせいただければうれしいもので
お写真はぜひどしどし送ってくださいね。
オフシーズンのブログネタもさほどありませんので助かります(笑)


さてさて
ヴィエジタ、マクマステリー、イニリダエ、メガプテラ、
コロンビアオリノコ水系のアピストも基本的にはネグロと近い扱いの飼育で
産卵までもっていけます。
種による難度は違いますが
ネグロ上流域よりはややPHを持ち上げてやり
PH5.0~5.5あたりを目安にしておくと状態も安定してくると思います。
大切なのは恒常的に一定のPHを保てるかどうか。
たとえば水の緩衝作用でPHが上がりやすく
添加剤で下げてはまた上がって、また下げて、でもまた上がって、
この繰り返しでPH5を保っているように見える状態と
ろ過の安定とそのPH域での活動バクテリアの養生がうまくいってPHの安定している水槽では
水の性質も魚にとっての環境も大きく違ってきます。
言わずもがな、後者がいいのは当たり前。
目指すべきはそこなのですが
この環境をつくるにあたって、PHを下げたい、これを本水槽でやっているようではいまいちうまくいかない。
魚にやさしくない。
本水槽を希望のPHにするのであれば、
本水槽に足す水を希望のPH域で整えていく必要があり
これを目指そうとすると必然的に水替えようのため水水槽があると断然有利です。
このため水水槽で希望の水質に調整しておいた水で
日々の水替えを行っていきます。

ため水水槽にはもちろん生き物の投入はする必要はないですし
けっこうざっくりとした感じで水質調整を行えます。
急激にPHを下げてもショックをうける生体もいないし
下がりすぎれば水道水を直接そそぎこんでも問題ないです。

このため水水槽でピート、ソイル、水道水、この材料で希望のPHの水を作っておきます。
場合によってはお持ちならROも当然つかっていきましょう。
ROを使えば導電率が低いだけでなくPHの低下もしやすいですので
ピートなどの使用量も節約できます。

この水質調整をアピストの飼育している本水槽でやっていこうと思うと
どうしても生体に対しての負荷やストレスが避けられませんので
飼育に対してのリスクが上がります。
そんなことを繰り返していれば
ある日いきなり過呼吸になっている大切な子を発見してなすすべもなく
失ってしまう日が訪れます。

アピストの水替えや足し水に使う程度の量ですので
別段大きな水槽でやる必要はありません。
もちろん、アピストマンションをつくってしまっている方は使用量に応じて
それなりのサイズの水槽が必要ですがwwwwww

初心者から一歩リードして水質を安定させつつ飼育できるようになる飼育設備のひとつとして
ため水水槽の設置をオススメしています。
経験の浅い肩ほど、ぜひ用意してみるといいでしょう!

あとせめてブリーディングするならPHチェックメーターは買ってね!
これも初心者の方ほど必要、節約するところは別のところにあり!
必要なものはしっかりそろえることであなたの飼育はより成功へ近づきます。

当店は関西のアピストビギナーさんをたくさん抱えておりますので
こういった内容のブログをちょくちょくはさみます。
このままをそのとおりに実践する必要はありませんが
飼育にお悩み方は参考にしてみてください。

ヴィエジタ、あと少しリリーススタンバイしております。
おまちください。

お客様から エレムノピゲ ペルー

 2014-04-11
いつでしたか、
大阪店でのことでしたので去年の秋より前の話だったのですが
一度エレムノピゲの特価販売をしていたときがありました。
たくさんいいエレムノピゲを仕入れられたので
サービス特価のクラスをたしか用意したのを覚えています。

並クラス pr ¥2980-あたりだったと記憶してますが
あまりさだかに覚えてはおりませんwwwwww
とにかく安かった、そんな記憶ですが
関東方面のお客様からご注文をいただきまして
それが上クラスではなくあえて並クラスの小さめを育ててみたいとのことでした。

発送したのはほどほどに若い個体であったのを覚えていますが
最近、成長後のお写真をいただきましたので
掲載紹介させていただきますね!

P3010079.jpg
P3010064.jpg
いやはや立派になってました!!!
しっかり並個体の持つポテンシャルを最大限に発揮させることによって
とてもあの時の並の個体とは思えない姿になってくれています!

大事に育てられたことがわかる個体になっています。
背びれスバラシッ!
横はビタエニアータ、これも色や形からみればペルー産ですかね!
ん~~やはり迫力がすごいよね、ペルー産って。

ペルーのアピスト、当然例外はありますが
比較的お値段もお求め安く派手になる種がひしめいてます。
ブラジル、とりわけネグロの渋くスリムな奴らとは雰囲気が違いますが
最大限にその個体の魅力を引き出してやると
インカやエレムノピゲなどは色彩、形状、あわせて圧巻の個体になってくれます。

敷居の高そうに見えるアピストの世界ですが
なにも数万するアピストだけが全てではなく
安いからといって人気がないわけでもなく
手広く飼育を楽しんでいらっしゃる方もいれば、
ペルー産の体高系が好きな方、
とりわけグッとマニアさんになるとコロンビアのアピストにのみ目を向けておられる方、
さまざまです。
トータルやはりブラジルネグロはみなさん大好きそうなんですがwww

個人的にはこのペルー産の代表種、
誰がどう見ても鮮烈で派手でありつつリーズナブルな価格帯で入手できるので
特に初心者の方にオススメしていることが多いです。
以前にもお話しましたが今期はこういったペルー産アピストが
スムーズに状態よく入荷せず店内ラインナップが価格的にもマニアックになってしまったことが
くやまれます。

エレムノピゲもボロボロで5匹ほどなんとか入荷があったものの
オスが1匹しかいないじゃない!!!!!
って感じでして・・・・
入荷したのが約2ヶ月前、
しばらく必死でトリートメントして(いい水に突っこんでブラインやってただけ笑)
やっとこさヒレのダメージも目立たなく復活してきました。
お魚の体の状態はバッチリです。
R0048896.jpg
ごめんなさいよ、トリートメント水槽、誰のセンスかしらんけど
ブルーのLEDついてるのでなんか青っぽい写真になってますが。
まだすこしだけ尾びれささくれてますが
これはなんとか目立たなくなってくるでしょう、
わずかオス1匹だけでしたので
あまり特価リリースができませんが
ようやっとリリースです。

AP エレムノピゲ(spディアマンテ) ペルー便
pr ¥5000- 割引対処外(税別 SOLD OUT

メス多いのでメス2トリオ ¥6000- 割引対象外(税別
メス3匹ほどいてますので追加は可能です。

メスが多くて割引など対応できなくてもうしわけございません。
ほんと自然の入荷物ですので
価格のブレはそのときそのときでお許しください。

こういった若い個体から
きちんと育てれば上のお客様の育成エレムノピゲのような個体になってゆきます。
ぜひ、アピスト飼育経験がまだ浅い方、
いつかはエリザベサエに挑戦したいとゆっくりステップアップしたい方、
エレムノピゲが飼育してみたい方、どうぞ!
そう、エレムノピゲはけっこうオススメなんですよ!!
エレムノピゲだけの特徴的な口元や尾筒もありますので
しっかり観察してゆきましょう!
1prのみですのでそこはごめんなさいです。

ちなみにメスの方がちょっと大きいかも、ってくらいメスしっかりしてるから安心。






シーズン後半にきてこういったリーズナブルなところ紹介できてますが
いつもと逆だなぁ~~~
おもしろ!

お客様から アガシジィ テフェノゲイラ

 2014-03-10
大阪店の閉店セールのときです。
あと1ヶ月で閉店というときにアガシジィのテフェの新ロットが
京都にSABBYより入ってきました。
閉店時とあり、仕入れをしている場合ではなかったのですが
我慢ならずテフェノゲイラのアガシジィとビタを仕入れたのを覚えています。

これがまた個体がよく、閉店までにしっかり売り切れてきれて
胸をなでおろしておりました・・・・・・wwww

さて
そのときの個体です。
ノゲイラ 壺坂様3
10月に販売したときはまだまだチビチビで、
それでもよくなるよ、この子は!
って感じで購入いただきました。

それから2ヶ月ほど、
上のお写真はこちら、大阪店から八尾店に移ってからいただきました、
成長過程のお写真。

よくなるよって予測はみごとにあたり、
日々どんどん変化していく様子に飼い主様はどうやらアピストグラマにどっぷりと浸かっていく道に引きずりこまれたようです。
そう、このテフェノゲイラを店員の口車に乗って購入したのがいけなかった!!

ノゲイラ 壺坂様2
日々変化してゆく小さな命を毎日見て、
どうやらいい個体を若くして入手し
そして自身の手で仕上げていく過程に
ただならぬ魅力を感じてしまった飼い主様。

その後は当店でイエローミウアに手を染め
メンデジィに手をそめ
ミウア本家に手を染め
そしてまたロートに狙いを定めていらっしゃるご様子で
先日入荷のエリザベの混じりといった
ちょっと変わったロートが気になるご様子で・・・・

すべてのはじまりはこの罪づくりなこの子、テフェノゲイラ。
ノゲイラ 壺坂様 
よくなると断言しましたがここまで尾びれが尖ってシャープに伸びるというところは
担当も予想外でした、個性的でいいです。
こういった成長過程を目の当たりにしてしまってはもうしょうがない、
10月のあの日、この子を購入したあの日から
この道にはいってしまうように店員に導かれ・・・
いや、店員がいなくてもきっとこのようにアピストにはまっていったと思います(逃

僕のせいじゃないよ!!!!!!!wwwwwwwwwwwwww

次なるはロートでもレガニでもどっちでもいいです、
お好きに悩んでご来店ください(ニヤリ


さて
テフェノゲイラですが
往年のテフェの産地とその成長過程ぶり、
結構違いがあったのはご存知でしょうか。
当店の管理ではなかなか今までのテフェと様相が違いなかなか面白いなと思っておりました。

毎年テフェ産のアガシジィを繰り返し見てこられた方はわかるでしょうか、
今回のノゲイラのロットは少しテフェらしくなかったことに!

印象としましては
テフェと、サンタレンアレンカーあたりのアガシジィのあいの子のような・・・
往年のテフェにくらべテフェバンドの出現が弱く、
また成長過程にしてもテフェバンドの出現自体が比較的遅く
テフェらしからぬ姿で成長してゆきます。
それでもやはりテフェ、いづれそのテフェバンドは出現してはきます。
結果テフェらしい姿にはなってゆくのですが・・・
こういった成長過程にもロットごと産地ごと、差異を感じられます。

アガ テフェA 007
テフェの典型的なブルー個体、過去画像です。
これはTHEテフェですね!

せっかくですから、
ノゲイラのテフェを記憶に焼き付けて
また来シーズン、新たなテフェのアガシジィに挑戦してほしいです。
きっとまた違うテフェにであえるはず。


W.B.SABBY
AP アガシジィ テフェノゲイラ イエロー
pr ¥9800-割引対象外にて在庫ラスト1prです。



ミウア本家 5
さてこのレベルのミウアのミウア、ラストです。
pr ¥45000- 割引対象外 sold out
非常にスリム。
これ以降、レベル下がります。


担当は水、木、金と店舗におりませんので
通販の対応等も週末にズレこみます。
ご予約等明日までにお早めにどうぞ。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

アピスト担当 内藤

Author:アピスト担当 内藤
通信販売も行っております。
ご質問・ご注文はエキゾチックアフリカ八尾店トップページ【お問い合わせメール】や電話でお願い致します。 

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ