エレムノピゲリリース開始!

 2014-11-22
DSC_4666.jpg
DSC_4664.jpg
DSC_4663.jpg
DSC_4669.jpg
DSC_4662.jpg
ペルー便
AP エレムノピゲ リオ ティグレ
pr ¥5000-

いつもの彼らと少々様子が違います。
やや腹も黄色く、全体的にソフトな印象の色合いに見えます。
背びれの伸張する綺麗でリーズナブルなアピストをお探しの方にはピッタリの魚です。
この種のみの特徴もありますので観察してみてください。
サイズは大きすぎず小さすぎず、
ビギナーにはもってこいの導入サイズです。
少々気は荒めですのでこの点は気をつけてくださいね!

=================================
月曜日は祝日ですが
担当は定休の曜日となりますので
店舗にでておりません。
明日、日曜日のご来店お待ちしております!

アピスト通信 ヴィエジタⅢ

 2014-11-19
ジャストおすすめサイズのV3が
売り切れとなり、
お店に来られた方はご存知のデカすぎるサイズと
チビすぎるサイズがのこっているだけとなりましたので
在庫のV3の宣伝はこれに終了で
次回の入荷をお待ちください!
大きくてもいいよって方は数ペアおりますのでそれはおっしゃっていただければ
準備できます。
でも大きいですよ、ほんとに!
あえて需要なし、と判断してネットでの公開は避けておきます。

DSC_4558.jpg
ぐっと引き付けるような原色の発色がみられにくい、
これこそがヴィエジタⅢの魅力のひとつかもしれない。
シンプルにその表情、形、しぐさを楽しめます。
色があるともっといい???
それもわかりますけど、VⅠもマックもいるし、派手なアピストなら他にもいるんですから
彼らは彼ら、この種はこの種です。
個人的な好みをただ語って良いのであれば
僕としてはこの種は顔と尻ビレが好きです。
トータル的なシルエットも好きです。
アピストって飼ってるとすぐに気づくのですが
一番綺麗な時期ってそう長くない。
だんだん綺麗になってゆき
生き物ですからそのピークを迎え、
そして体のバランスが崩れてゆく下り坂がいやでもやってきます。
もしかしたらこそまでに何らかのハプニングで死んでしまうかもしれない。
お気に入りの個体がずっとその美しさを保ってくれないことはさびしく、
悲しくもなってゆくのですが
アピストに限らず生き物の飼育にはこういった面はかならずついてきますね。
生きているから必ずかわってゆく。
かわってゆくからおもしろい。
フィギュアではないのだから、
写真で個体を楽しんだつもりになるのではなく
できるだけその水槽内の姿をしっかり見てあげてください。
その証に写真を残すのももちろん素敵です。
DSC_4531.jpg
DSC_4512.jpg
売り切れ後だからいいかなって
ちょっとかっこよく見えるように撮影してみたつもり。
でも写真のことよくわかってないのでもちろん数とって選別して
掲載してるんですが、楽しい。

DSC_4532.jpg
DSC_4537.jpg
DSC_4538.jpg
ん~やっぱこの尻ビレ好きだw
ヴィエジタは表情もいい。

アピストを興味を持ってちゃんとはじめて見たとき、
これはビタエニアータだったのですが、
宇宙に浮かぶ小型戦艦みたいな印象をもちました。
なんせ攻撃的なフォルムに見えたんですね。
それが広がったり閉じたりしてすばやく自分のテリトリー内の邪魔者を攻撃していて
どうしてあんな形に進化したんだろう。
あの伸張する背びれと尾びれは生きていくのに邪魔にならないのかって。
そう思ったのが始まりです。

はじめはオスもメスもさっぱりわからんかったですな~

いつしか
自分の中にアピストの見るポイント、惹かれるポイント、
そういったものができてきて
自分のものさしってのができてゆきます。

やっといろんな角度で魚を捉えられるようになってきたかな、って思います。
そしてこれから自分はアピストをどのようにまた見れるようになってゆくのだろう。
接している間は変化に終わりはこないし。
接客を何気にしていながらみなさんの中のアピストを見る目も
ひとそれぞれ思いっきり変化していってるな、なんて思いながら仕事をしています。
今はネグロがこなくて物足りないですか?
昨年も結局年明け後からですのでまぁ気長に待ちましょう。

DSC_4547.jpg
さて、最後の個体の発送をお待ちのお客様のもとへはこの個体が届くことになります。
2prご注文いただいております。これにて終了!
到着、楽しみにお待ちください!


青いアドケタ
1pr、雌雄のとれそうな若い個体がでてきました。
小さめですが青さがにじんできています。
これからってやつですね。
ご希望の方おられましたらお問い合わせください。


===============================
そういえばスマホの液晶の彩度ってすんごいんですね。
自分のスマホで自分のブログみてびっくりしました。
扱ってるPCは液晶の彩度がかなりフラットで
地味に写るのですが
スマホやPCでも液晶の彩度が高すぎたりするとかなり目的の写真と異なるうつりをするようです。
特に当店の店舗は青がメインの照明と壁になって制服も青いので
青の映り込みが大きく、この点画像処理にて少々ましになるよう手を加えていますが
それでもスマホ等でみるとやたらめったら水やら背景青っ!!!ってなりましたw
う~む
カテゴリ :アピスト通信 トラックバック(0) コメント(-)

ペルー便アピストグラマ入荷

 2014-11-18
ペルー便新たにわずか到着です。
少々おもしろいネタですw

DSC_4457.jpg
DSC_4462.jpg
ペルーワイルド
AP sp Yawasyacu
pr ¥8800-
バルロウィとspジュタイを足して割ったような、
いわばこのグループの魚です。
入荷はまれでご存知の方はすくないかもしれないですね。
入荷直後ですがジュタイのように体はよく光ってはきます。
別名AP sp レッドフェイスなんて異名もあるくらいです。
おそらくなんですが顔には色が出てきそうです。
これがジュタイやバルロウィとも違い、
また尾筒付近のメラニンパターンも他と異なるので興味深いです。
ゆくゆくの顔の色素の変化を楽しむつもりでどうぞ。

DSC_4496.jpg
DSC_4505.jpg
ペルー便
AP cf クルジィ リオアルゴドン
pr ¥6980- SOLD OUT
メスの方がちとデカイかもww
さてアルゴドン河川の名をもってやってきました。
おそらくリオ アルゴドン採集でしょう!
コーダルは1点。
現状赤の色素のボディ分布はわかりにくいですが
飼いこむとこの種はバケることが多いです。
こういったペルーの採集産地は信憑性があるかどうかはさておき、
あえて嘘を偽って輸出しても何のメリットもないと思うのですね、現地からすると。
この類の多種多様な名前と呼び方に混乱するかもしれませんが
まずはすべて記載種クルジィの近縁種として認識しておきます。
おいかける人はアルゴドンやペバス、パパゲイ、パラレルなど
その産地や違いに着目してみるのもおもしろいかも!
だってそうそう、産地含めてはいってきませんもんね、その分追いかけてみる価値あり!
そういや昔ドイツかチェコから(覚えてない)ブリードのアルゴドンⅡがきました。
最近ぱったり見かけないですが、今回の魚とほぼほぼ同じ系統に思います!
db アルゴドンⅡ 004
ね?

理論はどうでもいいんだ綺麗かそうでないかだ!って方にも非常に綺麗になるアピストでオススメです。
そして非常に闘争激しいですからお気をつけください。
DSC_4498.jpg
ほらw
DSC_4497.jpg
ほらほらほらw
DSC_4500.jpg
ほらほらほらほらw
DSC_4501.jpg
ちょっと!やめてよ!!!喧嘩!w

 2014-11-14
RIMG0081.jpg

アピストの治療の一例です。
水槽ごと薬浴してしまうのか
はたまたは隔離して治療するのか。
都度、状況と症状にあわせて対応しています。
この白い円柱のケースは京都便ではおなじみのアピストの輸入ケースです。
このケースに入ってブラジルより1匹1匹詰め込まれ送られてきます。
一袋に数十匹詰め込まれてしまう一般便だとどうしても
輸入時に魚同士のスレもありますし感染症の集団感染、
水が汚れるのも早いですし状態不良も多くなります。
サビー、ファウナ双方、輸入時の魚の状態がいいのは
こうした個別パッキングの結果なのですが
このケースがまた使える使える。
アピストの1匹トリートメントですと大きすぎない個体でしたらジャストサイズ!
ふたもあって飛び出しもないし、
冬季水温が不安であれば水槽に浮かべちゃったらいい!と
手軽に使えて便利なんですね。
またこのケースにいれて魚を店から持ち帰ると小さくて奥様にばれにくく
そのまま水槽にちゃぽんしてしまえるとかなんとか。
すでに当店のお客様にはそれぞれ必要分確保していらっしゃるかたがいますw


症状に応じてですが
たいがいはグリーンエフゴールド顆粒もしくは
観パラDを使用します。

適当な容器に飼育水をとり魚を入れます。
必要な分量の薬を少量いれケースにうつしてふたして一晩おいておくだけ。

本日の朝には前日の病状がきれいさっぱりなおっていましたので本水槽にもどしています。

このケースは当店でアピストをご購入の際、お声がけいただきましたら無料にてお渡しできますので
ご活用ください。
通販でもアピストと一緒に多少箱に同梱して送れますので
ご希望あればどうぞ!
ケースのみのご要望はお控えください。

魚の水あわせにも工夫次第でつかえちゃうから
お店でも大量活用しています。


======================
さて
阿宮ネットの別注を発注しています。
ご注文のお客様はもうしょうしょう出来上がりをお待ちください。
別注は現状いただければ一緒にオーダーかけますので
お早めに。

======================

エレムノピゲ、コンブラエは週末は非買で様子を見ます。
週明けぐらいにまた状況をお知らせいたします。

アルゼンチン便コンブラエ

 2014-11-13
アルゼンチン便
AP コンブラエ 

ペルー便
AP エレムノピゲ(spディアマンテ)

国産F1
AP cf サルピンクション カレイロ ダ バルゼ

上記入荷です。

アルゼンチン、ペルーともに一般便で
到着後2日ほどです。
状態確認と少々トリートメントしてからのリリースとします。
どうしても一般便は傷みがつよいですので
京都便ほど入荷すぐの状態がよくないです。
一旦様子を見ておきます。



AP コンブラエ
ちょこっと落ち着いたらレポートしますが
ホホ柄渋くいい感じです。
5prほどおりますのであせらなくても大丈夫。

AP エレムノピゲ
少々いつものパターンと違った雰囲気があります。
気になるのでこの手のアピスト好きな方は後日の写真でもチェックしてみてください。
ティグレできてますね。

国産F1
AP cf サルピンクション カレイロ ダ バルゼ
以前に入荷していたのですが様子見でWEBアップしていなかった個体です。
小さめ、綺麗です。
こちらは状態よしです。
pr ¥23000- 割引対象外


以上!
一般便のトリートメント魚の
事前予約は可能です。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫