sp ミウア 追加便

 2014-07-22
すいません、金曜日に入荷していたのですが
3連休、少々バタバタしておりまして
やっとお知らせです。

R0049829.jpg
R0049828.jpg
初回入荷より少々サイズアップしてますが
上々に赤いです。
こちらラスト1prのレッド上物。お見逃しなく。

Aqua Fauna 
AP sp ミウア ニウア産
pr ¥45000- 割引対象外


そのランクしたで若魚、これはサイズは小さめ、
赤さが少し劣りますが細くいい個体。
pr ¥38000- 割引対象外
こちらはちょっと店内で育てて赤くなったらまた写真でもあげますね(ニヤリ)

その他
ビタエニアータ カレイロリアル ツインバー 
pr ¥25000- 割引対象外

パウキスクアミス リオクルクリアリ
pr ¥13800- 割引対象外

など追加しております。
どうもこの2種が最近よくうれるので補充です。
レベルはやはり徐々に下がってきております。
その中から良魚を選出。
そんなところです。
FC2 Management

sp ミウア レッドチーク追加入荷予定

 2014-07-18
昨日入荷のレッドチーク個体すべて売り切れました。
ありがとうございます。

追加で明日、レッドチークのsp ミウア ニウア産が入荷の予定です。
いづれもすべてレッドチークですが
追加便です。
そろそろ個体差で赤さの程度に差がでてくるでしょう。
ご予約の決定の早いかたから個体はおとりおきしておきます。
現状でご注文が確定されてる通販の方は一便目の在庫でキープしておりますので
ご安心ください。

明日の追加はわずか3prです。
次のはSクラス、一便目よりはサイズアップする予定ですのでご了承ください。
これにてレッドはまた一旦終了です。


昨日の入荷個体です。
こちらは売り切れてる個体たちです。
本日受け取りにこられる前にパシャリ。
R0049813.jpg
ちょっと遠くてごめんなさい。
ズーム機能ないカメラでして笑
これで3cmオーバー。

R0049817.jpg
こちらは2.6センチ、このサイズでホホ赤、
そして体にはオレンジが出てきそう・・・。
さてどうなるか。

明日の入荷も楽しみです。

ニウア産 sp ミウア

 2014-07-17
R0049804.jpg
水あわせ後1時間。
極若魚。2.8cm。
すべてはこれから・・・のサイズでこんな個体が入荷しました。
オスを若魚で、そしてメスはそこそこしっかりしたサイズで。
雌雄の差もほぼなく入手可能です。
数ペアきております。
輸入後さほど時間もたっておりませんので少々胃がへこんでおりますが
輸出前は餌をきりますのでこれで通常通りの入荷です。

しばらくこまめに給餌をすることで自然と回復していきます。
それはこちらでトリートメントしますがせっかちなお客様は我慢できないでしょうし
我先に良魚を選びたい方は販売可能ですのでどうぞ!
入荷したミウアはすべて若魚ですので
大きめの上物はおりません。
若魚でお探しの方への対応のみとなります!
数ペアご準備しております。


Aqua Fauna
AP sp ミウア ニウア産
レッドチーク上位個体 pr ¥45000- 割引対象外 SOLD OUT
レッドチークは土曜日追加入荷予定!
追加分でレッドチークは終了となる予定です。


うちに来たミウア産より圧倒的にスリムな印象があります。
ニウアだから細いんだっていう地域差というよりは個体差、ロット差的なものだと思います。
思うんですけど・・・それにしてもずいぶんとスリムでレッドな男の子たちです。
さっそくブラインシュリンプをば!


Aqua Fauna
AP ロライマエ リオブランコ
pr ¥12800- 割引対象外
リオブランコ産のギビケプスです。
1980年、ギビケプスとは別にリオブランコで記載されたアピストグラマです。
要はリオブランコのギビケプスなんでしょうが、やはり相違点というよりは雰囲気的な違いはあるようです。
記載はリオブランコ上流、ガイアナの近く。
ロライマからアピストがくるのは頻度は低く、
なおかつこのロライマエは過去数回のみの入荷があっただけですので
久しぶりです、リオブランコ産、興味ある方はどうぞ!
現状白いですがイエローは乗ってきそうな印象で
おもしろそうです。
今期ギビケプス自体あまりはっていませんのでどうですか!?w

その他、追加ネタです。
W.B.SABBY
AP パウキスクアミス バルセロス
pr ¥13800- 割引対象外

AP メンデジィ ウネウイシー
pr ¥16800- 割引対象外

AP メンデジィ バルセロス
pr ¥16800- 割引対象外

上物というほどのクラスではないですが
少々お求めやすいコースでものはそこそこいいです。

ミウア入荷予定!

 2014-07-16
明日、Aqua Faunaよりニウア産 sp ミウアの追加入荷があります。
現地在庫からの輸入となりますので、
上物レッドチークが再度入手のチャンスとなります。

上物を入手しそびれた方、
失ってしまっている方、
ミウア産に続いてニウア産も入手しておきたい方、
やはりほほ赤にこだわるかた。

上位個体を入手したい方への再チャンスです。
小さめの若い個体で手配しております。
明日の入荷をお待ちください。

Aqua Fauna
AP sp ミウア  ニウア産
新輸入便 上位個体レッドチーク pr ¥45000-(税別

前予約受付スタートです。


採集としてはミウア産のミウアなどと同時期に採集されたロットで
小さい個体が現地でストックされていて
ワールドカップでの飛行機の混雑の沈静化にともない、
追加で入荷されたニウア産のミウアです。
新採集ロットではありませんので誤解のないようにどうぞ!
今回もあえて大きめはスルーしておりますw
いつもどおりです。

ミウア産の上物がなくなり、
このニウア産の入荷までしばし時間がありました。
じゅうぶん考える時間がありましたね(笑
次に上物がきたら!と思っていたなら
今でしょ!!!!!!!!!!!!!!笑

冗談です。
ご自身の水槽状況とよく相談してお決めください。
今年ミウアとイエローミウアがしっかり入ってきてます。
おそらく来期は採集は期待できませんので(たぶんね)、現状、ファウナのストックが尽きれば
しばらく入手困難となることは予想しておきましょう!

ブルータイプ等、少々お値段の設定が下がるレベルの個体でお探しの方は
ご相談ください。
個別に個体探して見ます。

アピスト通信 アガシジィ アノリ

 2014-07-10
R0049754.jpg
R0049779.jpg
R0049751.jpg
R0049759.jpg
ソリモエスとプルスの合流地点より少し西のほうにあるアノリという町あたりから来たアガシジィのラスト1prです。
イエローオレンジは濃く、存在感のある個体ですし
メタリックもいい感じででてきました。
サイズも導入に適した小さめサイズ。
雌雄差もさしてありませんので繁殖もスムーズにいけそう。
初心者の方はアガシジィでまずは子取りの流れを勉強すべし!

W.B.SABBY
AP アガシジィ アノリ
pr ¥9800- 割引対象外

さてさて
アノリってどこなのって話。

そこでですね
普段地図や略図をブログでは使用してなかったのですが
ちょろっとマナウス周辺の地図を書いてみました。
手書きですので距離感や正確な河のラインを再現できているわけではないのですが
地図だとちょっと見つけにくいと思って略図をば。

R0049788.jpg
こちらをお手元の地図かグーグルマップと照らし合わせてみるとわかりやすい(?)と思います。
アノリは中央から少し右上のリオ ソリモエスにある町ですね。
中央より少し上にマナウスをおいてみました。
このあたりで有名な黒いネグロと白いそりもえすが合流して東へ流れてゆきます。
マナウスから北西に伸びるのがリオネグロでバルセロス、サンタイザベル、サンガブリエル、
上流ではウアウペスとイサナが合流してきます。
このウアウペスとネグロの合流地点近辺にヤワウィーラやバニワが存在するんでしたね。

マナウスからソリモエンスを上っていくと近いところでイランドゥーバ、マナカプルとあり
(昨季のアガシジィはこのマナカプルから少し北西にのぼったところにあるラーゴマナカプルという湖から入荷)
その西で南から大河リオプルスが合流そこからほどなく上流の方面でアノリの町があります。

もっとペルーより、画像の左へ進みますと有名なテフェ湖が地図でもはっきりとわかる大きさで広がっています。
その向こうがリオジュルア。これも大きな大河です。

またマナウスから下流方面、東に目を向けると
すぐに聞きなじんだカレイロ、そして南からマディラの河が流れ込み合流してきます。
このマディラの河には上流域にフマイタ、
地図には書けませんでしたがさらに上流にポルトベーリョ。
ボリビアとの国境当たりではリオマモレと分岐、その東にパンタナール湿原がひろがっていて
トリファやボレリー、小型カラシンがいる。
マディラ中t流域にはカンディティやspチンガルノの産地として有名なマニコレの町。
下っていくとアリプアナ、ボルバとプルクラの産地で聞きなれた町があります。

リオマディラの東のリオタパジョスという大河からは
ディクロスス マクラータスなどが。
タパジョスの下流のアマゾン本流との合流地点南岸にはサンタレン、北岸にはアレンカーが。
ここらもグリーンドワーフシクリッドやアガシジィの産地で耳に馴染んだ産地ですね!

こんな感じで有名な河川と町を少々略図で書いてみると
実際の地図をながめるより幾分わかりやすい。
地図見慣れてるといいんだろうけど、地図から細かな産地を探すのって
なかなか大変で、こうして大まかにマナウスを中心に捉えておくと
たとえばマナウスの対岸のカレイロの町といった文章からポイントを地図で探すのが楽になります。
ネグロのバルセロスの北岸に注ぎ込む河がリオデミニでその支流にアラカという河が・・・
と言われたときにバルセロスの町が頭に入っていると地図やグーグルマップで探しやすい。
産地が気になる、知りたいって思い始めたらまずはこのあたりの略図をイメージできるようにしておけば
ブラジルのどのあたりで採集されたのか、わかってくるから面白い。

さらに踏み込むと現地漁師による現地シッパーでの入荷可能エリアと
現地シッパーでは採集しておらず、サビーやファウナなどが動いてくれないと
入荷する可能性が非常に低いエリアや産地も見えてきます。
たとえばspツクルイ本家のいるツクルイダムなんかは
あえて目的をもって向かわなければ普段そこでアピスト漁がなされているわけではないから
入荷はほぼ見込めない。
そこへあえて魚を求めて行く。サビー、ファウナがしていることはそういうことなのです。
これが地図と向き合い、産地を追ってゆく過程を続けていれば
略図から、どんな魚がどの辺りでとられて日本へきているか、
そしてそれは一般ルートでのものでコンスタントな入荷がある魚なのか
あるいは通常一般ルートにのりにくい魚で日本人輸入業者が採集しに出かけたものであるのか
そんなことがやや透明化してなんとなくつかめてくる、そうなってくると
さらにアピストは面白い。

南米の略図は
アマゾン本流、ソリモエスを中心に東西の河川、
南北の河川を頭にいれておくと
ずっと楽しくなってきます。
まずはこのくらいの略図から。
それができればそれぞれの大河川を切り取り拡大してみてみればさらに詳しく。

今後の楽しみを単なる飼育から
魚の採集のバック背景まで感じながら・・・
こんなところまで充実しているのがブラジルのアピストですから。
そしてまだ謎も多いwwwwww
まだこれから先数年、ゆっくりと一緒においかけていきましょう!


R0049767.jpg
R0049769.jpg
ネグロ産チビ グリーンドワーフです。
約2センチちょい。
4匹 ¥14000- 割引対象外

SABBYからのサンタレン産はpr ¥12800- 
こちらは少し大きめの良魚。
これまでのタイプと少々違います。
ヒレのオレンジあざやか。
またネグロとサンタレンの地域の違いも地図でみればかなり離れていますし
河川の質もぜんぜん違います。
双方に差がでてきてもおかしくはない、むしろ変化がないとおかしいですよね。
なんてことも略図から想像たやすいこと。


R0049785.jpg
こちらもSABBYから。
sp プッツェール クルクリアリ
ネグロの河の上流にあるサンガブリエルの南岸にそそぐ川がクルクリアリです。
これもいいでしょ。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫