新年あけましておめでとうございます。

 2017-01-06
新年あけましておめでとうございます。
本日から通常通り営業しております。

特に大きな入荷はないのですが
年末に入ってきておりましたユルエンシスの痩せがかなり回復しており
通販出荷可能となりました。

DSC_9503.jpg
腹オレンジタイプの上物はラスト1prとなっておりますが
サイズ、発色等、いい感じです。まだチビですね。
Aqua Fauna 
AP ユルエンシス リアル リオジュルア
腹オレンジ pr ¥26800- 割引対象外

本日WEBショップの方へも転載しておきます。
スポンサーサイト

アピスト通信 ビタエニアータ テフェバウアナ

 2016-12-28
DSC_9499.jpg
DSC_9496.jpg
DSC_9502.jpg
先週末に入荷したチビビタエニアータの幼魚です。
かなり小さいのですが写真のとおりです。
細く、テフェの代名詞の青を強めに残し、イエローの発色がしっかり出ています。
テフェからイエローが強い個体が入荷しはじめたのは前回の入荷から見られる特徴で
これまではのど元が黄色いだけの個体が多かったのですが・・・
テフェにイエローの要素が強く表現されるのであれば
他産地にくらべかなりスタイリッシュで派手な個体になります。

アガシジィほどテフェのみの顕著な特徴があるということではないとはいえ、
やはり多産地の個体群をみてきていると
テフェのビタエニは特別に見える。
マナウス近郊産はより派手な印象、テフェはその体型の美しさから繊細な印象でしたが
その繊細さを残したまま色味でもマナウス近郊産のような派手な個体を見出せるようになりました。

テフェバウアナとはどこぞや、ということですが
ざっくりわかりやすくいうとアマゾン川からテフェの湖に入っていくのなら
その湖の一番奥の西側にバウアナ川がテフェ湖にそそぐ地点がありますね。
ようするにテフェの奥地ということになります。

ノゲイラは湖のアマゾン川サイドの西側、東にはテフェの町があり
ムトンは湖の南端でしたね!

さてビタエニは主にテフェとしてやってくるのはこのバウアナがメインなのですが
これも毎年入荷と言うほどやってきてはくれません。
一時的にテフェビタがやってこない年がつづくこともありました。
マナウス近郊産、いわゆる、マナキリ、カレイロ、ジャヌアリなどに比べ
入手機会は少ないように思います。
それがちょっと繊細な特徴をもった個体群ということでもあるのでオススメでもあります。
でも初心者の方だと少しアピストを見る視点に慣れないとその違いがわかりにくいものかもしれません。

そんなときはアガシジィで産地違いを見つめてみてください。
特にテフェアガシジィはわかりやすくオススメの地域差入門になります。

Aqua Fauna
AP ビタエニアータ テフェバウアナ
pr ¥15800- 割引対象外

さて年末年始シーズンの通販は午前中指定で発送しても
遅延して到着する可能性が普段より高くなります。
中の魚自体は、特にアピストは輸送に強いですので
夕方すぎてもほぼ問題ありませんが
延着が発生しても受け取れる日をご指定ください。


さてさて本年最後のWEBブログとなりました。
今年は年内入荷のペースがゆったりですが
ぼちぼちいい魚を探してゆきますので
たまにブログを覗いてやってください。

年内営業は通常通りと31日のみ夜7時までとなっております。
新年は2日より営業開始、~5日までは夜7時閉店となります。
ご来店は変則営業にご注意の上、どうぞ!

来年もよろしくお願いいたします!
よりお年をお過ごしくださいませ!
DSC_9500.jpg

京都便 テフェ ビタエニアータ

 2016-12-25
こないと思っていましたが・・・着たようです・・・
Aqua Fauna
AP ビタエニアータ テフェバウアナ
pr ¥15800- 割引対象外

同産地から
AP ヒッポリタエ テフェバウアナ
pr ¥6800- 割引対象外

ジュルア方面から
リアルジュルエンシス。
AP ユルエンシス リオ ジュルア
上物 pr ¥26800- 割引対象外
通常 pr ¥24000- 割引対象外


ビタエニ テフェバウアナ、
非常にいいと思います。
テフェ特有の体型がしっかりわかる良個体群。
風合いが見て取れるくらい違うというのがほんとに凄い。
往年の人気産地はその産地違いがしっかりわかるほどの
いわゆる「名産地」であると都度思います。
青が特徴とされていたテフェ周辺のビタエニですが
前回ロットよりかなり黄色の強い個体群がやってくるようになりましたが
今回も同様に黄色味も強く、ブルー、イエロー、体型を3点をハイレベルで表現する個体もおりますが・・・
そしてチビサイズでそれがわかってしまうのだからその後が楽しみです。

ユルエンシス、腹のオレンジの強さに個体差が出ています。
特に色みの強さを求める方は上物prをどうぞ。
サイズは幼い個体ですがちびでもありません。
ただ輸入の疲れが少々見て取れ、痩せている印象です。
出荷には数日必要かなと思います。


ヒッポリタエ、ビタエニにくっついてきて採集できたようで一緒にやってきております。
サイズは幼いですがこちらもチビすぎませんので
導入にはいいサイズ、状態もよさそう。
ご希望の方いらっしゃいましたら!
ビタエニと一緒にテフェバウアナコンプリートで!笑

メンデジィ サンタイザベル 上物個体群入荷!

 2016-12-07
DSC_9439.jpg
マナウス便
ネグロシーズンゆっくりと突入してきたようです、その第一弾。
有名なサンタイザベルのメンデジィですね!
輸入ロットの質が高く、その中から10pr以上をセレクトしてきました。

AP メンデジィ サンタイザベル
pr ¥12800- 割引対象外

数がいますので売り切れはしばらく心配ないかと思いますが
いい個体から売れていくのはいつものことですのではやめがいいかと。
またメンデジィのネックとなるのですが雌雄差、これが今回もそこそこあります。
どうしてもメンデジィは大きめオス、小さめメスで入荷することが多くなかなかベストな
雌雄サイズで入荷することがありません。
今便も例にもれずメスは小さめですがこの点目をつぶってもオスの質は高いです。

DSC_9433.jpg
DSC_9436.jpg
DSC_9447.jpg
元気でよろしい笑ww
かなりイケイケのロットからのセレクト個体群ですのでハズレなし!
雌雄差くらいがネックでしょうか・・・でもメンデは仕方ないよ毎回だもの・・・


サンタイザベルですのでネグロ中流域南岸河川のいづこで採集された子たちが
サンタイザベルで集められマナウスに運ばれる流れになっているものと思われます。
ここはラインメンデジィとカッサーボチックなドットの現れた個体がまじってやってくることが多いですが
完全なカッサーボタイプというのはさらに上流域ですね。
一方バルセロスからやってくる個体はほぼ綺麗なラインタイプであることが多いように思います。
派手さはここ、サンタイザベル周辺が一番赤と黄色がつよく
あのアイワナのレッドメンデジィもエリアとしてはこのサンタイザベル南岸支流ですのでね!

DSC_9440.jpg
DSC_9449.jpg
DSC_9450.jpg
1匹だけ腹まで朱色がにじんでいる個体がおります。
少々お高くなりますが腹赤メンデジィは数とれませんので
お好みの方はどうぞ。今便では1匹のみ。
AP メンデジィ サンタイザベル 腹赤
pr ¥18000- 割引対象外

さて、メスは早い方から順に大きい子から出て行きますので
わずかでも雌雄差が少ないほうがいい方は
お店に来て小さめオスと大きめメスをすばやく連れて帰るに限ります!
WEBショップのほうへも転載しておきますね。

ウィルヘルミー 入荷!

 2016-11-25
2016-11-22.jpg
2016-11-22 146
2016-11-22 14
ちょっと失敗して画像が荒くなってますが
ブラジル便
AP ウィルヘルミー pr ¥7980- 割引対象外
1prのみの入荷です、ブラジル便、おそらくアバカシで
2週前ほどに来ていたのですが小さすぎてちょっとメスの確定待ちでした。
オス、なんともハイレベルなおちびちゃんです。
写真だけみるとそこそこの成熟個体かと思いますがまだまだ小さいサイズです・・・
あわせてメスも小さいですが、個体レベルは上々のレッドテールタイプ。
いわずもがな上物ですね。
2016-11-22 145
やっとこさメス確定かな!
ということでリリースです。
1prのみですのでお早めに。
WEBショップには上がっておりますので通販可能です。


2016-11-22 140303
2016-11-22 140337
2016-11-22 140406
こちらはAqua Faunaの
ラーゴジャヌアリのビタエニアータの最後の1pr。
前回の写真の個体とは別ですが
非常にいいところがまとまってやってきたラストのペアです。
お見逃しなく!
いわずとも上物 pr ¥19800- 割引対象外です!
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

Author:アピスト担当 内藤
通信販売も行っております。
ご質問・ご注文はエキゾチックアフリカ八尾店トップページ【お問い合わせメール】や電話でお願い致します。 

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ